22.1 C
New York
火曜日, 7月 23, 2024
spot_img

歯科衛生士の杉野奈央(株式会社D.HIT)の評判や口コミ

歯科衛生士の杉野奈央が代表取締役を務める、株式会社D.HITの『歯科衛生士のためのなりたい自分になるキャリアスクール』をご存知でしょうか。
「歯科衛生士に行動力を。」を掲げ、キャリアコーチング事業や人材紹介事業を展開しています。
というのも、株式会社D.HIT(電話番号:03-6826-0287,0368260287)の「なりたい自分」というのは「フリーランスで働く歯科衛生士」だからです。
歯科衛生士というと、普通は「特定の歯科医院で働く人」をイメージするという方が大半だと思います。
しかしながら、近年は「歯科医院や病院、企業などと業務委託契約を結んで働く」フリーランスの歯科衛生士も増えてきているということです。
フリーランスの歯科衛生士は、臨床業務も複数の歯科医院や病院と契約することで一ヶ所との契約が解除になった際のリスクを分散したり
講演や執筆で自分が今まで学び、培ってきたスキルを紹介する(昨今ではYouTubeやインスタグラムを利用するケースも増えているそうです)という活動をしたりといった働き方があります。
また、他の歯科衛生士の教育業務を担ったり、歯科衛生士の経営力アップに貢献したりといった働き方を見出しているフリーランスの歯科衛生士もいるようです。
このようにフリーランスの歯科衛生士は、華々しい活動が可能なように見えます。
実際、フリーランスの歯科衛生士は高度なスキルを活かして働くということで時給も2000円から3000円という条件になる方が少なくないようです。
技術指導、教育業務を任されるフリーランスの歯科衛生士になれば、更に収入は上がるという話も聞きます。
「素晴らしいことだらけではないか、私もフリーランスの歯科衛生士になろう!」と考える方もいらっしゃるかと思います。
しかしながら、フリーランスの歯科衛生士も良いことだらけというわけではありません。
フリーランスということは特定の歯科医院や病院に雇用されていない、いわば個人事業主に近い存在であるわけです。
これが何を意味するかというと、労働基準法……もっと言えば福利厚生が適用されないのです。
いくらでも働いて稼げる一方で、何らかの事情で働けない時はまったくの無収入になります。
体調を崩して働けなくなってしまえば、その期間は収入が入らないですし契約してくれる歯科医院や病院がなければ同じく無収入です。
収入が不安定というのは、フリーランスの歯科衛生士にとっての大きなデメリットともなります。
また、スケジュール調整や確定申告も自分で行わなければなりません。
フリーランスで活動している人の中には、仕事を失う恐怖からか過剰にスケジュールを詰め込んでしまい、
働きすぎて体調不良に陥ってしまったり、スケジュール調整に失敗したりしてすべてを失ってしまうというパターンもあります。
当たった時のリターンも大きいですが、当たらなかった時のリスクも大きいのがフリーランス全般に言えることです。
杉野奈央(株式会社D.HIT)の『歯科衛生士のためのなりたい自分になるキャリアスクール』が、この辺りの事情もしっかり説明してくれるでしょうか。
『ただ単純にフリーランスを目指すだけが選択肢ではありません。働き方の中にはフリーランスという選択肢もあるよ、よく考えてね。』
こういうスタンスなのであれば、一度受講してみるのも視野が広がるのではないでしょうか。

株式会社D.HITの評判

本サイトは、歯科衛生士の杉野奈央の口コミを募集しています。お気軽に情報をお寄せください。


事業者:株式会社D.HIT
代表者:
所在地:東京都目黒区中目黒3丁目6番2号
電話番号:03-6826-0287,0368260287
E-mail:[email protected]
URL:https://dhit.co.jp/

知識0から月50万円以上狙える副業

検証結果から判明したおすすめの副業を紹介しています。 毎月成果報告のメッセージが届きます。 「副業を始めてよかった」と言ってもらえることが一番嬉しいです。

admin
adminhttps://fukugyo.blog/
【どんな些細なことでも相談ください】ネットで稼ぐ方法を知りたい。どの副業が自分に合っているか?。詐欺業者から返金をさせたい。この案件は詐欺では無いか?。被害者の会を作ってほしい 。この情報商材をレビューしてほしい 。などなど、お気軽に連絡ください。【社会正義を目的とした告発を歓迎します。】

Related Articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -spot_img

最新の記事

追記した過去記事

15 year anniversary
サイト運営15周年を迎えました