21.9 C
New York
木曜日, 6月 13, 2024
spot_img

あいのりコイン,AINORI COIN,仮想通貨は怪しい

あいのりコイン,AINORI COIN,仮想通貨は怪しいので注意喚起します。仮想通貨のあいのりコイン,AINORI COINに投資するなら、ぜひ本レビューを読んでからにしましょう。

あいのりコイン,仮想通貨

仮想通貨はそもそもその出自が怪しいものが多く、本来は実体的な経済から、いわゆるキャッシュレスを目的とした決済ツールと言うのが建前であったはずだ。様々なキャッシュレス決済が爆発的に広がった経緯から、貨幣の新たな形として、定着すると思われていた。しかし、実際はただの投機対象に成り下がり、もしかするとコテンパンに痛い思いをした人もいるだろう。
ちょっと確認しておきたいが、そもそも貨幣、通貨が機能するには「価値の担保」が必要である。古くは金や銀との交換を国家が約束する「金(もしくは銀)兌換貨幣」と言う形での信用担保が普通であった。実は世界でもこのような金銀兌換による貨幣、現在は米国ドルによる貨幣の価値の担保が普通で、日本のような、金銀やドルとの交換による価値保証を必要としない「管理通貨制度」の国は非常に少ない。
何が言いたいかと言うと、それほどまでに、通貨の価値を保証するということは大変な事であり、この辺の仕組みがわかっていると「仮想通貨」がいかに危ういものかは痛感できるはずだ。
話を戻して、「あいのりコイン」である。
先にも言ったように、貨幣には価値保証が絶対的に必要なものであり、その辺が脆弱な仮想通貨市場は取引量だけで簡単に急騰や暴落を招いてしまう。それほどいい加減なものと捉えられがちであるわけだが、貨幣としての体裁を整えるべき「開発者」も「サイト」も不明である「あいのりコイン」がまともであるわけがない。何しろ情報が少ない。四月一日の段階で、あいのりコインはそのレートは一円を大きく下回っている。レートが低いということは、市場ではその価値に対して、ほぼ認めてないと言えるわけだ。
あいのりコインは、取引の荒さばかりが話題に上がっているようだ。それこそ暴騰時には9000倍までレートが噴き上がってしまったことがあるようだ。どうしてこんなことが起こるかと言うと、そもそもの流通量が少ないため、わずかな買いでもレートは跳ね上がり、売りも同様、少しでも売りが集中するとレートは下がってしまう。シンプルなだけに買い売りのタイミングが難しい。
仮想通貨の中でも、ひときわ怪しいあいのりコイン。まあ、市場に溶かしても大きな出血にならない範囲の金額で「遊び程度」で留めておくことをお勧めする。例えば、ジンバブエドルを大量に持ってジンバブエに行っても、間違いなくいい暮らしはできないだろう。理由は簡単で、実体経済が破綻しているから、金融は停止し、経済活動が機能していない。つまり、本当にただのトイレットペーパーにしかならない。経済や金融は、明確な仕組みを理解しておくことを特にお勧めしておく。そして、実体経済を伴わないあいのりコインは、いかに危険かと言うことを理解してもらいたい。いわば、ギャンブルのコマと同じである。パチンコや競馬で一財産を築くことは至難の業だ。そこが理解できれば、あいのりコインに手を出すことがいかにリスキーで愚かしい行為だと理解できるはずだ。

あいのりコイン,詐欺

あいのりコインは詐欺の可能性が非常に高い。絶対に買わないようにしましょう。あいのりコインのラインのオープンチャットにも気を付けてください。管理人は詐欺です。あいのりコインを買ってもないのに◯円分買っただの煽りまくっいます。あいのりコインのラインのオープンチャットは詐欺師の集まりです。また、仮想通貨のあいのりコインを推薦しているインフルエンサーも全員詐欺師です。

あいのりコインの口コミ

本サイトは、あいのりコインの口コミを募集しています。お気軽にご連絡ください。

知識0から月50万円以上狙える副業

検証結果から判明したおすすめの副業を紹介しています。 毎月成果報告のメッセージが届きます。 「副業を始めてよかった」と言ってもらえることが一番嬉しいです。

admin
adminhttps://fukugyo.blog/
【どんな些細なことでも相談ください】ネットで稼ぐ方法を知りたい。どの副業が自分に合っているか?。詐欺業者から返金をさせたい。この案件は詐欺では無いか?。被害者の会を作ってほしい 。この情報商材をレビューしてほしい 。などなど、お気軽に連絡ください。【社会正義を目的とした告発を歓迎します。】

Related Articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -spot_img

最新の記事

追記した過去記事

15 year anniversary
サイト運営15周年を迎えました