26.9 C
New York
水曜日, 6月 19, 2024
spot_img

ライフバンク株式会社の金内達彦は詐欺師!?

初めまして、貴殿のサイトを見てメールを致しました。
申し訳ありませんが、匿名とさせてください。

実は私もJTB旅行券買取ドットコムで詐欺被害にあう寸前でした。
私の場合は、一度、旅行券を送ったのですが、どうもサイトの作りが
怪しい為、警察に届けようとしました。
しかしながらあまりに警察が無知で話が通じない為、
自分でいろいろ調べて詐欺と判断し、買取のキャンセルをもちかけ
送り返してもらいました。

そのときの調査の内容は以下のとおりです。

まずJTB旅行券買取ドットコムでグーグル検索すると同じようなつくりのサイトが
多数出てくることがわかりました。

例 JCBギフト買取ドットコム
HIS旅行券買取ドットコム
JAL旅行券買取ドットコム
収入印紙買取ドットコム
JAL株主優待買取ドットコム
ビール券買取.com
ANA旅行券買取ドットコム
VJAギフトカード買取ドットコム
QUOカード(クオカード)買取ドットコム
全国百貨店共通商品券買取ドットコム

確認できているものは以上ですが、まだあるかもしれません。
サイトの作り方から考えて同じ人物が作ったと思われます。

このとき気づいた事が2点あります。ひとつはグーグルの検索結果に出てくるビール券買取.comです。

ここに 「ビール券買取,comはライフバンク株式会社の調達部門から発足した買取専門のサイトです。」
と出てくるんです。ところが実際にビール券買取.comのサイトに入っても、ライフバンク株式会社の文字は
一切出てきません。
おそらく最初に作ったサイトにはライフバンクの文字があったのを、その後消したのでしょうが、
検索のキャッシュに残って出ているのだと思います。
そしてもうひとつ気づいた点はサイトのアドレスが日本語になっている点です。
そこで私はJAL旅行券買取ドットコムのサイトのドメイン検索をしてみました。これでサイトの登録者名が判ります。

しかし、ドメイン検索は日本語のままだと検索できないんです。ここがあえて日本語ドメインにした理由
なんだろうと考えられます。

日本語ドメインをPunycodeに変換して検索した結果がこれです。

ここに サイトの登録者の名前が出ています。
あきらかにライフバンク株式会社です。名まえはTatsuhiko Kanauchi(金内達彦)。

そこでライフバンクを検索すると、http://lifebank.co.jp/
トップページに出てきます、金内達彦の名まえが。

見ていただければ判ると思いますが、この会社、事業内容がはっきりしていません。
いろいろ調べてみると墓石の格安販売などをやっているようですが、かなりグレーです。
Life Bank株式会社 代表取締役社長 金内達彦 http://www.jonetu-ceo.com/2013/10/16701/
間違いなくこいつが詐欺師です。

巣鴨の事務所はチケット送付のための偽装です。おそらく普段は誰もいないか、受け取り専門の
人間をがいるものと考えられます。

詐欺の被害が少しでも少なくなるよう、どうかこの情報を貴殿のサイトで紹介してください。
よろしくお願い致します。
+++++++++++++++++++++++++
非常に貴重な情報、ありがとうございます。

ライフバンク株式会社の金内達彦が、買取ドットコムの運営者とみて間違いないようです。

被害を受けた方は、

http://henkin.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=15288432

に書き込みをして、被害者同士集結してください。

そして、このページを印刷し、警察に集団で相談をしに行ってください。

といいたいところですが、すぐに行動しないと夜逃げされてしまいます。

被害者の結集を待たず、今日、明日にでも行動してください。

知識0から月50万円以上狙える副業

検証結果から判明したおすすめの副業を紹介しています。 毎月成果報告のメッセージが届きます。 「副業を始めてよかった」と言ってもらえることが一番嬉しいです。

admin
adminhttps://fukugyo.blog/
【どんな些細なことでも相談ください】ネットで稼ぐ方法を知りたい。どの副業が自分に合っているか?。詐欺業者から返金をさせたい。この案件は詐欺では無いか?。被害者の会を作ってほしい 。この情報商材をレビューしてほしい 。などなど、お気軽に連絡ください。【社会正義を目的とした告発を歓迎します。】

Related Articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -spot_img

最新の記事

追記した過去記事

15 year anniversary
サイト運営15周年を迎えました