27.7 C
New York
土曜日, 5月 25, 2024
spot_img

岸本やよい(SNSゼロイチスクール認定講師)の評判は?

岸本やよい(SNSゼロイチスクール認定講師)の評判や口コミを探していた方、ぜひ本記事をお役立てください。長崎に住む元保育士、岸田やよいのゼロイチスクールが本当に稼げるものなのかどうか、解説していきたいと思います。

SNSゼロイチスクール,講師

岸本やよいのSNSゼロイチスクールには多くの講師が在籍しています。

・くらうちまこ
・友山メイリ
・浜辺波奈
・相川みちこ
・水森れな
・浜奈せいか

講師がたくさん在籍しているのは盛り上がっている感を出すためなのでしょうか。評判を調べている間、同じことをしている集団があったのを思い出しました。その集団の名称は「SNSサロン集客協会」。SNSをテーマにしているという点で、岸本やよいのSNSゼロイチスクールとの関連性が認められます。両者とも、講師陣が「認定講師」を名乗っていますし、女性オンリーという部分も共通しています。ペライチを使っているところまで一緒です。

SNSサロン集客協会認定インストラクター永野もえ,SNSゼロイチスクール

関連団体なのか?と勘繰りたくなるほど共通点が多いのです。なので、「SNSサロン集客協会」の口コミを知ることは、岸本やよいの評判や実態を知る上での重要なヒントになるはず。口コミは以下のとおり。

こないだ北川ゆうこがプロモーションしてたが、受講費は3ヶ月で50万を、今なら29万にする と言っていたな。動画コースは今回だけ5万だとか・・・カモ狩り

岸本やよい,料金

岸本やよいのスクール料金がいくらなのかは不明ですが、似たようなことをしている集団が上で紹介したように、29万なり50万なりの料金をとっていたことを覚えておきましょう。「SNSゼロイチスクールの料金は月5500円」と記載されてはいるのですが、これ以上の料金がかかる可能性があることにも留意しておきましょう。
岸本やよいのSNSスクールに通うと「アメブロの立ち上げ方、インスタグラム、Facebook、ライン公式の使い方、ファンの増やし方」を習うことができるようなのですが、それらは全て本やネットを見ればわかることであり、費用をかけてまで習うようなものではありません。岸本やよいのスクールに料金を払う意義があるかどうか、今一度よく考えてください。

岸本やよい,プロフィール

岸本やよいのプロフィールをホームページから引用しながら紹介します。

・長崎県在住。アラフィフシングルで三児の母。元保育士。
・アナログ人間だったけど、くらうちまこ主催のスクールに出会い、SNS起業をすることができた。
・2021年9月よりSNSゼロイチスクール認定講師を務めている。

SNSゼロイチスクール,認定講師

岸本やよいのSNSゼロイチスクールに入会すれば本当に起業や副業で成功できるようになるのでしょうか?本当のところは不明ですが、注意しておくべきことがあるのでご紹介します。それは、「認定講師商法」です。
わずか数時間の「養成講座」を受けただけで「認定講師」を名乗り、1回数十万円の料金をとって、「科学的根拠が不明なセラピー」とやらを「施術」するという、詐欺のようなことをしている人がたくさんいます。極めて悪質なケースとしては、その一連の流れを「起業パッケージ」として売り出している業者があること、そしてそのパッケージを買った人が全く同じことをしている、ということもありました。岸本やよいらがこのような悪質商法に手を染めているとは言いませんが、彼女らの商法と認定講師商法には共通点が多いと感じたのは私だけではないはず。岸本やよいらに料金を支払う前に、もう一度よくお考え下さい。

SNSゼロイチスクール,評判

SNSゼロイチスクールのこれまでの記事は、本記事最下段にある「永野もえ」のボタンをクリックすることで閲覧することができます。SNSゼロイチスクールの評判が知りたい方はこの掲示板にも集いましょう。

本サイトは、岸本やよいのSNSゼロイチスクールやゼロイチサロンの評判や口コミを募集しています。お気軽にご連絡ください。

admin
adminhttps://fukugyo.blog/
【どんな些細なことでも相談ください】ネットで稼ぐ方法を知りたい。どの副業が自分に合っているか?。詐欺業者から返金をさせたい。この案件は詐欺では無いか?。被害者の会を作ってほしい 。この情報商材をレビューしてほしい 。などなど、お気軽に連絡ください。【社会正義を目的とした告発を歓迎します。】

Related Articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -spot_img

最新の記事

追記した過去記事

15 year anniversary
サイト運営15周年を迎えました