15.4 C
New York
木曜日, 5月 30, 2024
spot_img

礒一明(Kaz Iso International)のスピリチュアルのブログの口コミと評判

礒一明(法人名:Kaz Iso International)という人物、なにやらその公式ブログでは、まるで仏教の僧侶のようなことを言っています。当たり前ですが、迷いなど微塵もなく、自分の中に確固たる何かを持っている人、という方は、投資関連などの詐欺はともかく、こうした宗教やスピリチュアル関連の怪しい何かには引っかからないものです。しかし、悲しきかなたいていの人々は私も含めて不安、不満、そういったものを大なり小なり抱えて生きているものです。だからこそ、この礒一明のような如何ともし難い人物が台頭することを許してしまうのです。

礒一明(Kaz Iso International)が勧めている最終的な商品は、ずばりスピリチュアリティ2.0。おそらくWEB2.0や3.0のようなものに引っ掛けて、何か新しいというイメージを持たせたい、とまあこんなところではないでしょうか。ちなみにこの礒一明はメールマガジンも出しているらしく、既に7万人(自称)が購読しているそうです。これについてはもちろんゼロ人と言うことはないと思いますが、ただ、いざ購読してみたら大したことが無かったと思った際に、それを解除することが難しい(というかしつこく解除しないようにせがんでくる)という口コミがありました。他にも何らかの解約の電話は電話の先が米国、その上問い合わせフォームから退会をしようと思うと、なんと電話番号を必須項目にしているというのだから、詐欺ではないとしても、なぜそれが必要なのか?という当然の疑問がわいてきます。

他にも礒一明は公式ブログにおいて食生活、不思議な体験、果ては公衆衛生についてまで色々と述べていますが、問題はそこではなく、やはり謎の教材?的なものを売っていること、そこに尽きると思います。なにやら礒一明が認める民間資格、スピリチュアルライフコーチ、パワーストーンサイキックリーダー、パワーストーンヒーラー、以上3つの資格を学ぶことができるようですが、当然ながら国家資格ではないので、履歴書に書いてもなんの意味もありません。そしてそれらの料金や費用もわかりません。一事が万事こんな調子なのだから、礒一明のことを怪しいと思う人が出てきても仕方がないのではないでしょうか。

あなたがもし人生について悩んでおられるとして、なぜこのような商売っ気に溢れたブログ運営者、そして謎の民間資格について学ぼうと思うのでしょう?おそらく、あなたが万全の精神状態であればこのようなものに興味すら抱かないはずです。何をどうとは言いません。しかし、まずは冷静になってください。部屋の中で座ったままでもいいので、一度深呼吸をしてみましょう。そのうえで、改めて礒一明のブログや各種スピリチュアル講座について、詳しく目を通してみましょう。足りない情報、何かを隠しているような構造、やたらと派手な配色と宗教じみた雰囲気……もちろんそれらが素晴らしいと思う方もおられることでしょう。しかし、あなたがどう思うかが大切です。あなたが彼を信じられる!礒一明こそ本物だ!というのであれば止めはしませんが、それで幸せになれる保証は誰もしてくれない。それだけは常に胸の奥に留め置き、忘れないようにしてください。

礒一明の評判

本サイトは、Kaz Iso Internationalの口コミを募集しています。お気軽にお問い合わせください。


商号:米国法人 Kaz Iso International (Kaz Iso International, Inc)
所在地:2160 Barranca Parkway #1128, Irvine, CA 92606
電話:949-751-6255,9497516255
Eメール: [email protected]
URL:https://kaziso.jp

知識0から月50万円以上狙える副業

検証結果から判明したおすすめの副業を紹介しています。 毎月成果報告のメッセージが届きます。 「副業を始めてよかった」と言ってもらえることが一番嬉しいです。

admin
adminhttps://fukugyo.blog/
【どんな些細なことでも相談ください】ネットで稼ぐ方法を知りたい。どの副業が自分に合っているか?。詐欺業者から返金をさせたい。この案件は詐欺では無いか?。被害者の会を作ってほしい 。この情報商材をレビューしてほしい 。などなど、お気軽に連絡ください。【社会正義を目的とした告発を歓迎します。】

Related Articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -spot_img

最新の記事

追記した過去記事

15 year anniversary
サイト運営15周年を迎えました