27.7 C
New York
土曜日, 5月 25, 2024
spot_img

ロードスターインベストメンツ株式会社のOwnersBook(オーナーズブック)の口コミと評判

ロードスターインベストメンツ株式会社(電話番号:03-6633-8826,0366338826)が運営するOwnersBook(オーナーズブック)について意見を述べたい。OwnersBook(オーナーズブック)の利回りやリスクの口コミや評判が気になっていた方はぜひ参考にしていただければと思う。

政府が国民の貯金を、投資市場に回そうと様々な政策を打っている。NISAなどはマスコミでも多く取り上げられているので、投資に関心がない人でも名前くらいは聞いたことがあるのではないだろうか。そのNISAも、いよいよ時限が撤廃され、無期限でNISAの恩恵を受けることが出来ようになる。財産に対する意識の変化が、貯めるから投資する、へ変わりつつある。妙ちくりんな情報商材などにお金を突っ込むよりは、まだ意味があることだと思う。

ところで、REITと言うのを聞いたことがあるだろうか。REITと書いてリートと読む。最近注目を浴びている不動産投資だ。簡単に説明すると、企業が収益性が見込めそうな大規模物件を購入し、リフォームなど付加価値を高めて、賃貸物件として貸し出したり売却したりする。そして、その不動産購入や改築の費用を株分けして出資を募り、出資に応じて物件から得た収益を分配すると言うやり方だ。もっとわかりやすく言えば、クラウドファンディングで不動産の購入と改築をして儲けをみんなで山分けとでも言おうか。株や外貨に比べ大きな儲けのチャンスは少ないが、代わりに暴落などの価値低下のリスクも少ないため、ここ数年注目されている投資だ。

そのリートを運営している会社がロードスターキャピタル株式会社で、OwnersBook(オーナーズブック)と言うサービスを展開している。投資自体は胡散臭い物は確かに多く、株を始め先物取引やもちろんここで紹介しているリートにも、手を変え品を変え詐欺的に出資を引き出そうとする詐欺会社が多い。その際、信頼性の一つの担保となるのが運営会社の出自とも言うべき上場企業か否かだ。ロードスターキャピタルは上場企業である。上場企業は会社の経営規模や売上高が認められ、その株式を一般に公開し売買しても問題ないと言う判断がされる訳だが、もう一つ重要な指標がある。それはコンプライアンス的に問題がない会社かどうかで、どんなに売り上げが高くても、コンプライアンス的に問題があると上場が許されない。そう言う意味ではロードスターキャピタルはまず問題ないと思っていいのではないだろうか。投資は言い方を変えればギャンブルであり、必ず付く文言は「自己責任」だ。大事なお金を預けるにあたり、相場の変動で金額が変わってしまうのは致し方ないが、詐欺などに巻き上げられるのはたまらないだろう。そう言う意味では、一応ロードスターインベストメンツ株式会社のOwnersBook(オーナーズブック)はひとまず安心してよいかと思う。

ほぼ金利がつかない時代がもう何年も続いていて、銀行などの預金や貯蓄はほとんど意味がなくなって久しい。これからは、自分で様々な方法を使って財産を守り増やしていく時代になった。思えば、昭和世代は激動の人生と言っていい。潰れない会社、就職先としては安全牌だと言われていた銀行や証券会社が数多く倒産し、終身雇用制が終わり、そして学歴序列が至上であった社会が、今は学歴以上に生きていくための職能技術がより大切となっている。変わっていく社会に対応することを求められるが、そこの隙に付け込んでくる人間は大勢いる。甘い話には気を付けておきたいものだ。

ロードスターインベストメンツ株式会社の評判

本サイトは、OwnersBook(オーナーズブック)のリスクや利回りの口コミを募集しています。お気軽にお問い合わせください。


会社名:ロードスターインベストメンツ株式会社
本社所在地:東京都中央区銀座1丁目9番13号 プライム銀座柳通りビル7階
代表者:成田洋
URL:https://www.ownersbook.jp/
電話番号:03-6633-8826,0366338826

admin
adminhttps://fukugyo.blog/
【どんな些細なことでも相談ください】ネットで稼ぐ方法を知りたい。どの副業が自分に合っているか?。詐欺業者から返金をさせたい。この案件は詐欺では無いか?。被害者の会を作ってほしい 。この情報商材をレビューしてほしい 。などなど、お気軽に連絡ください。【社会正義を目的とした告発を歓迎します。】

Related Articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -spot_img

最新の記事

追記した過去記事

15 year anniversary
サイト運営15周年を迎えました