28.8 C
New York
金曜日, 7月 19, 2024
spot_img

山添勇人(株式会社Achievement)のFXの料金や口コミと評判

最近は日経平均が上がっている、そういう話から、投資で儲けた、などが漏れ聞こえて来ているのではないでしょうか。新NISAが始まる、世界的な円安、情報が錯綜しており、投資をしたことが無い、資産運用がわからないという人はたくさんおられると思います。
だからこそ、そんな人達をカモにする業者や人々が後を絶たない、ということもあり、今回も警鐘を鳴らさせて頂きたいと思います。紹介しますのは株式会社Achievement(電話番号:080-6154-4926,08061544926)及び代表の山添勇人という人物です。
FPである山添勇人は料金が無料のセミナーやウェビナー、zoomでのオンライン相談などを動線として、FXフィナンシャルカレッジというものを勧めてきます。しかし、それを試しにインターネットで検索すると、なんとヤフー知恵袋で不安だと相談する内容が一件出てくる以外、全く情報が出てこないのです。
ちなみにその相談では負けないやり方や損をさせないという言葉で強く推し進めてこられるらしいですが、もし本当に負けないやり方、損をさせない(しない)方法があるのであれば、この山添勇人(株式会社Achievement)という人物は今や世界のトレーダーの王として名を馳せ、フォーチュンの世界を代表する人物500人に選ばれ、世界中の投資銀行、証券会社、ファンドなどが億単位、十億単位の年収を提示し、日本でも大谷翔平と同レベルの扱いを受けたとして、何らおかしいことではありません。
大谷翔平選手が違うというのであれば、孫正義と言えばいいでしょうか。とにかく、そんな方法論はまず、あり得ません。正直言って、負けないやり方だの損はさせないだの、その言葉自体が極めて黒に近いグレーです。各種投資商品を扱う人々が絶対に口にしてはいけない言葉です。

山添勇人,料金

そして、それらを40万円という破格の料金であなたに伝授する、とおっしゃるわけです。40万円という料金、私達にとってはまぎれもない大金です。大抵の人なら一ヶ月の手取り以上の金額となるのではないでしょうか。しかし、もしこの株式会社Achievement山添勇人が本当にFXにおいてそのような自信、そして言葉の通りの実力があるのであれば、40万円など自販機でジュースを買うようなレベルの金額となるはずです。
もしあなたが何億、何十億円という金を稼ぎ出せる手法を知る凄腕のFXトレーダーだとして、見ず知らずの誰かに40万でそれを教えるでしょうか?親友や大切な家族であればまだしも、よく知らない相手に、です。
そして、それが嘘であることを示すかのように、ウェブサイトには利用者の実績が掲載されていません。客観的な証明ができるものは何も無いのです。
そもそもFXや株式投資、仮想通貨の投資セミナーは詐欺が横行していて、それ以外であれば本屋で売っている投資本や、ネットのサイトの情報レベルのものを口で喋るだけの薄っぺらなものがほとんどです。
ここまで聞いて、疑問を感じないのであれば私は止めはしません。しかし、あくまでも自己責任です。あなたが山添勇人に40万円の料金を払った上で、なおかつFXで失敗したとしても、全てが自己責任です。弁護士、警察、どこに訴えてもあなたを助けてくれる人はいません。
どうか自分の大切なお金のことです。よく考えた上でご判断ください。

山添勇人の評判

本サイトは、株式会社Achievement)のFXの口コミを募集しています。お気軽に情報をお寄せください。


会社名:株式会社Achievement
電話番号:080-6154-4926,08061544926
所在地:大阪府大阪市北区豊崎3-16-16 2909
代表取締役:山添勇人
本社所在地:京都府京都市左京区一乗寺青城町62
URL:https://achievement21.com

知識0から月50万円以上狙える副業

検証結果から判明したおすすめの副業を紹介しています。 毎月成果報告のメッセージが届きます。 「副業を始めてよかった」と言ってもらえることが一番嬉しいです。

admin
adminhttps://fukugyo.blog/
【どんな些細なことでも相談ください】ネットで稼ぐ方法を知りたい。どの副業が自分に合っているか?。詐欺業者から返金をさせたい。この案件は詐欺では無いか?。被害者の会を作ってほしい 。この情報商材をレビューしてほしい 。などなど、お気軽に連絡ください。【社会正義を目的とした告発を歓迎します。】

Related Articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -spot_img

最新の記事

追記した過去記事

15 year anniversary
サイト運営15周年を迎えました