24.6 C
New York
日曜日, 6月 23, 2024
spot_img

南原竜樹のオンラインサロンNBCの口コミや評判

南原竜樹のビジネスコミュニティ(NBC)について今回はみていきます。南原竜樹のオンラインサロン『NBC』に興味のある方は、ぜひ最後までお付き合いください。

私は基本的に投資の詐欺まがい、あるいは副業や独立の詐欺まがいなどについて、警鐘を鳴らすことが多いのは、ここを見ておられる方々にはおなじみのことだとは思います。ただし、あくまで「まがい」であるからこそ、基本的には合法であり、詐欺とは断じず、故に言葉を濁している次第です。

もちろん合法だから何をしても良いというわけではありませんが、当然ながら合法ということは弁護士や警察に相談しても無駄であり、あなたの自己責任であるということです。

さて、前置きはここまでにしまして、主に副業や独立を考えておられる方の中には、有料サロンなどに参加されようとしている、あるいはしている方も多いのではないでしょうか。

特に有名なのはホリエモンだと思いますが、それ以外にも多くの著名人がこうしたサロンを開いています。基本的には金額も1万円以下のものが多く、そういう意味ではハードルも低いでしょう。反面、月数千円とはいえこれが毎月かかる固定費となるので、長く在籍するほど重荷になるという部分は否めません。

さて、今回は敢えて警鐘を鳴らす、とは書きません。紹介させていただくのは南原竜樹のNBCというオンラインサロンです。オンラインとは言いつつも、オフラインの交流会なども行っているので、便宜的ではありますがオンラインサロンと呼ばせていただきます。

南原竜樹はかつてマネーの虎に出演していたこともあり、いかにも成功者、だったのですが、一時期は大変な憂き目に遭い、再び返り咲いたという意味でも注目を集めています。

故に実業家としては紛れもなく本物であり、私が警鐘を鳴らしている詐欺まがいの人々とは確実に一線を画しています。

ただ、初月無料とはいえ、月辺り4950円の料金がかかります。なんの目的もなしに、ただ起業したい、起業を学びたい、というのであれば……止めはしません。しませんが、そこで何かを得られるかどうかと言われれば、私は疑問符を持ちます。それは南原竜樹が悪いのではなく、まだハイハイを始めた赤ん坊のような人が入ることには、あまりメリットが無いのではないかと思うからです。

事前準備としてある程度の狙っている業界のスキル、経理知識、金融知識、一定の人脈や実績を持っていて、ラストワンマイルだったり、あるいは良いアイディアなどがありさらなる事業拡大をするためのヒントが欲しい。あるいはそこで何らかの相互化学反応を起こしたい、というのであれば、費用以上に得るものもあるかと思います。

ですが、ただただ漫然とサラリーマンをしてきた人々が、起業をゼロから学ぶ。繰り返しますが、彼らは特にそうした人を否定せず受け入れてくれるでしょう。ですが、本気で相手にしてはくれないはずです。ルールも知らない右も左もわからない人を導く、それこそ詐欺まがい組織ではないからです。

南原竜樹,怪しい

南原竜樹は、もとのり社長、迫佑樹といったいう人々、彼らは情報商材や有料サロン界隈で色々と良くない意味で有名人であり、彼らとも頻繁に交流していることが知られています。

南原竜樹のオンラインサロン『NBC』に入会するとそういった怪しい面々と関わることになりかねないので注意が必要です。

ネットワークビジネスに関わっているのではないかという口コミもありましたので、この件についてもご注意いただく必要があると思います。(本記事表記画像を参照)

上記を踏まえた上で、よくも悪くも、自己責任での参加をお考えください。何かを得られるかどうかは、あなた次第です。

南原竜樹の評判

本サイトは、南原竜樹のビジネスコミュニティ(NBC)の口コミを募集しています。お気軽に情報をお寄せください。

知識0から月50万円以上狙える副業

検証結果から判明したおすすめの副業を紹介しています。 毎月成果報告のメッセージが届きます。 「副業を始めてよかった」と言ってもらえることが一番嬉しいです。

admin
adminhttps://fukugyo.blog/
【どんな些細なことでも相談ください】ネットで稼ぐ方法を知りたい。どの副業が自分に合っているか?。詐欺業者から返金をさせたい。この案件は詐欺では無いか?。被害者の会を作ってほしい 。この情報商材をレビューしてほしい 。などなど、お気軽に連絡ください。【社会正義を目的とした告発を歓迎します。】

Related Articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -spot_img

最新の記事

追記した過去記事

15 year anniversary
サイト運営15周年を迎えました