18.8 C
New York
日曜日, 5月 26, 2024
spot_img

樋口亜紀,癒し系起業家集客コンサルタントの評判は?

樋口亜紀,癒し系起業家集客コンサルタントのライティング講座は怪しいのではないかという口コミがあるので注意喚起します。本記事が、癒し系起業家集客コンサルタントを自称する樋口亜紀の評判を探していた方にとってお役に立てれば幸いです。樋口亜紀のホームページをチェックしながら、樋口亜紀のコンサルをレビューしていきます。

樋口亜紀,怪しい

樋口亜紀は「たった7通のメルマガを出すだけで月に100万円以上の売上を達成する」というブログで話題になっていますが、さすがにその少ない作業量で100万円以上の売り上げを作るというのは無理だろうという指摘があります。ただの宣伝だということで片づけることもできるのですが、宣伝にしてもさすがに吹かしすぎだと思います。樋口亜紀の集客講座は怪しい!という口コミがあったとしてもそれは無理からぬことだと思います。

樋口亜紀,集客講座の料金

樋口亜紀の講座は、カウンセラーやセラピストヒーラーや、スピリチュアルなどの癒し系起業家のために集客の悩みを解放させるという触れ込みですが、実際にどんなことを教えているのかよくわからないですよね。高額な料金や費用が発生するコンサルを受けさせるだけで、結果が出ないかもしれないという不安があります。
現在、無料プレゼントとしてブログを書かなくてもよくて、SNSもいくつもやらなくていい、余計な事はしなくてよくて、安定的に集客できる方法を公開しているようです。しかし、実際にこれをクリックしてみてもメールマガジンを登録することになり、個人情報を持っていかれるだけで終わってしまうかもしれません。

樋口亜紀,カウンセラー

カウンセラーが集客に悩むのはある意味では当然です。というのも自分がどのようなカウンセリングができるのかという点を、しっかりブログなり動画なりでアピールをしなければ、お客さんはついて来ませんよね?それなのに樋口亜紀は、たった7つのメルマガだけで自分の魅力を紹介して、さらに相手にメリットを理解させることができるというのです。これは土台無理な話だとお澪ます。
集客に悩む人は毎日のブログ更新など自分のPR活動に必死になりますが、それはある意味避けられないことであり、それを楽しめる人がビジネスとして成功できるのです。その手間を惜しむというのは、ビジネスを真剣にやっていこうということが全く伝わってきません。
また、「毎日ブログを書かなくていい」「頑張らなくていい」と言いながら、樋口亜紀のブログにはめちゃくちゃたくさんの記事がありますね(笑)。このあたりからも、樋口亜紀の胡散臭さがみてとれると思います。
自分がそういったアピール活動をしているにもかかわらず、それをやらなくても月に100万円以上が稼げるというのはかなり眉唾物だと思います。

樋口亜紀,評判

樋口亜紀は実際の実績としていろんなものを掲載していますが、これらも具体的にどのようなビジネスなのかは全く書かれておらず、ただ派手な数字だけが掲載されているので、鵜呑みにしてしまうとあまり良くないのではないかと思いますね。

例>
起業コンサルタント 
→3ヶ月目で月商100万突破!

オンラインビジネス講師 
→1ヶ月目で月商100万円突破!

オンラインヨガ講師 
→5ヶ月目で月商90万円達成!

夫婦仲改善ヒーラー 
→3ヶ月目で月商80万達成!

集客ができるというアピールをする人は、とにかく手を抜いて集客できることを訴求して魅力を伝えようとします。しかし、自分自身が一生懸命集客を頑張っている姿を見せるのであれば、発言が矛盾しています。

楽して稼げるような言葉には惑わされないほうがいいと思います。

樋口亜紀の経歴

長野県出身
メルマガマーケティングで、継続的に月100万円超えを達成。
癒し系起業家の集客コンサルタントとして活動中

樋口亜紀,口コミ

本サイトは、《癒し系専門》自動集客ライティング講座運営事務局の樋口亜紀の口コミを募集しています。お気軽にご連絡ください。

名称 《癒し系専門》自動集客ライティング講座運営事務局
販売業者 OFFICE AN-Style
運営責任者 樋口亜紀
E-mail [email protected]
HP https://an-style.biz/service/mentor/op/lp02/

admin
adminhttps://fukugyo.blog/
【どんな些細なことでも相談ください】ネットで稼ぐ方法を知りたい。どの副業が自分に合っているか?。詐欺業者から返金をさせたい。この案件は詐欺では無いか?。被害者の会を作ってほしい 。この情報商材をレビューしてほしい 。などなど、お気軽に連絡ください。【社会正義を目的とした告発を歓迎します。】

Related Articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -spot_img

最新の記事

追記した過去記事

15 year anniversary
サイト運営15周年を迎えました