22.1 C
New York
土曜日, 5月 25, 2024
spot_img

戸塚真由子(株式会社MAYUKOness)のセミナーやコンサルの口コミと評判

戸塚真由子(株式会社MAYUKOness)についてみていこうと思います。戸塚真由子のセミナーやコンサルの口コミや評判が気になっていた方はぜひ最後までお付き合いください。
世の中には、合法であったとしても灰色のものがあまりにも多く存在しています。例えばですが、商品先物取引の外務員であったり、資格を持たない自称心理カウンセラーや、新興宗教の教祖など、どの職業どの人物も、別に警察に捕まるわけではありませんし、この世に存在しているわけです。それをあなたと社会の大半の人々がどう思うか、ということがポイントではありますが。
そして、今回私が警鐘を鳴らしたいのはある人物です。名前は戸塚真由子(株式会社MAYUKOness)。その著書のタイトルはなんとも挑戦的でセンセーショナルな『1年で億り人になる』というものです。この本については各種書評としてはそこそこの支持を得ているものの、内容について一部の批判的な意見を読むと、例えばですが借金をする、それもなるべく多額の。その上で今までの半端な、貧しい自分の周囲の人々と縁を切っていき、より高い富裕層の人々へとわたりを付ける事が大事であるなどと、もはや身も蓋もないことを言っています。
確かにそれ自体は効率的と言えば効率的と言えるでしょう。しかし、逆説的に言えば、金の為にあなたはの周囲の大切なものからそうではないものまで、すべてをかなぐり捨てて入れ替える、再構築する勇気はあるか?という踏み絵を迫る内容でもあります。そして、その本『1年で億り人になる』自体も色々と他にもおかしいことや矛盾することも書いてありますが、それをきっかけ、もといフックとしての富裕層のコミュニティへの招待のようなものをあなたは見つけるはずです。しかし、入会金が50万、その後年会費が1年18万、2年ごとに更新があり、合計36万円の料金を支払うことが求められます。
ではそこに入るメリットは何かというと、秘密の投資情報(インサイダーではない)を教えてもらえるらしいのですが、それについてもいまいちはっきりとしたものがない、或いは曖昧にぼかされてしまったという声と、また別の金のかかる何かを紹介されたりするということです。
そう、この戸塚真由子という女性は、なんとも……なビジネスモデルで自分を飾り立てているのです。そうやって集めたお金で見栄を張り、私は富裕層なのだというセルフプロデュースに費用を使い、こんなにすごい私の情報を聞かせてあげるのに、簡単に教えてもらえるわけがない。安いわけがない。私は忙しいのだから弟子、或いはそれに近い人々に聞いてと誘導される(実際にそうした口コミはいくつかネットで散見されている)というわけです。
本物の富裕層は、わざわざ名も知らぬ庶民の多くと関わろうとはしません。常に自分と同等かそれ以上の人々との交流、交友で手一杯です。それでもなお私達の方へきてくださる、そのためのお金なんだ!と思う方もいらっしゃるかも知れませんが、本当に富裕層なら自分より貧しく困っている人々から大金をせしめなくても生きていける、そう思いませんか?その矛盾に気がついたかたは大丈夫でしょう。何だかよくわからない、不安だと思ったのなら、その時点で化けの皮は剥がれているのです。怪しいものにお金を使うより、どうか有意義に使うことをおすすめいたします。

株式会社MAYUKOnessの評判

本サイトは、戸塚真由子のセミナーやコンサルの口コミを募集しています。お気軽にお問い合わせください。


企業名:株式会社MAYUKOness (マユコネス)
住所:愛知県一宮市木曽川町玉ノ井字俣江田157-202
代表者名:戸塚真由子
URL:
https://www.instagram.com/totsukamayuko/
https://twitter.com/vmm2DgfAVXjOWzo


※以下、2023年6月追記
読者様より口コミをいただきました。
(ここから)
戸塚真由子の公式ラインに登録すると彼女の弟子という方から連絡がきました。
初年度50万、翌年からは36万会費を振り込むよう言われ、振り込んだ後は、配当がどんどんもらえしかも元本が保証される、という話でした。
これは怪しい投資なのでしょうか?
(ここまで)
アドバイスをメールで送りました。

admin
adminhttps://fukugyo.blog/
【どんな些細なことでも相談ください】ネットで稼ぐ方法を知りたい。どの副業が自分に合っているか?。詐欺業者から返金をさせたい。この案件は詐欺では無いか?。被害者の会を作ってほしい 。この情報商材をレビューしてほしい 。などなど、お気軽に連絡ください。【社会正義を目的とした告発を歓迎します。】

Related Articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -spot_img

最新の記事

追記した過去記事

15 year anniversary
サイト運営15周年を迎えました