21.9 C
New York
木曜日, 6月 13, 2024
spot_img

株式会社HolyTech(林健斗)のHolygramの副業の評判

株式会社HolyTech(林健斗)のHolygramの副業について、ネット上でその費用や料金に関することなどで口コミが上がっていました。

その口コミを投稿した人は林健斗のお客さんのようなのですが、書き込みによると¥217,800という高額の請求があり、キャンセルをしようと思ったところ分割を勧められたということでした。

これから副業で稼ごうとしているのに、いきなり大きなお金が出ていくというのは本当に大変なことだと思いますし、こういったユーザーの声も理解できる部分はあると思います。

ネット上でこの会社の副業について調べてみても詳しいことが出てきませんので、おそらくLINE登録をした人に対してだけ詳しい内容を送っているものだと思われます。

一応ホームページのようなものは存在したので確認してみると、Instagram公認のシステムでチャットボットを運用できるというサイトだけは出てきました。

しかし副業という言葉が見つからず、実際にどんな方法でお金を稼ごうとしているかということは明らかになっていません。

無関係であるか、もしくはオープンなサイトで集客をしているわけではなく、SNSなどをごく限られた部分で興味を持ったユーザーにだけ案内しているものなのかもしれません。

今回の評判にもあるように、基本的に副業で稼ごうと頑張ろうと考えている人に対して高額のオファーをするというのは、少し本末転倒なように感じる人が多いはずです。

普段の生活費で足りないからこそ、副業で足りない分を補おうとしているのに、最初に高額の費用を請求されてしまうと払えない人が多いと思います。

分割で払うということはそれだけ借金を背負うことになりますので、どんなに魅力的なオファーに感じてたとしても最初に高額の費用は払うのはためらった方が良いかと思います。

ちなみにSNS上でholygramという言葉を検索しても、株式会社HolyTechや林健斗に関係するような言葉や評判は出てきませんでした

今回の件に限らず副業で稼ごうと思った時に、最初に多くの費用を請求された場合は徹底的に調べた方が良いと思います。

できればそのサービスや副業の案内を利用した人の口コミを見て、本当にそれが役に立つかということもよく考えなければ、借金だけ背負って終わりということも十分に考えられます。

株式会社Holygram(3D)の副業が実際どういうものか情報がありませんので、その評価をすることはできません。

このようにネット上の口コミがある以上は、もしこういうサービスから案内を受けても慎重な姿勢で見ておくべきではないでしょうか。

林健斗,怪しい

林健斗が『ろじん2世』(公認)を名乗っているところが怪しいと感じました。

ろじんは湯川のことを指していると思うのですが、当時の口コミを引用しましょう。

事前動画などで費用のことなんて全く言っていなかったので、最終面談で66万円の費用がかかると言われた際は酷く驚きました。

株式会社HolyTechは健全に副業を支援をする企業であるというのであれば、今すぐにでも、このような評判のよろしくない有名人とのコラボを取り下げるべきではないでしょうか。

あともう一つ。

株式会社HolyTechが拠点にしているのは、これまた評判のよくない「ウィン青山」です。

ここを拠点にしている業者と取引をしないというだけで多くの怪しい儲け話から身を守ることができます。

大事なことなのでぜひ覚えておいてください。

Holygramの評判

本サイトは、株式会社HolyTechの口コミを募集しています。お気軽に情報をお寄せください。


会社名:株式会社HolyTech
代表取締役:林健斗
住所:東京都港区南青山2-2-15WIN青山531
URL:https://holytech.tokyo/
メールアドレス:[email protected]

知識0から月50万円以上狙える副業

検証結果から判明したおすすめの副業を紹介しています。 毎月成果報告のメッセージが届きます。 「副業を始めてよかった」と言ってもらえることが一番嬉しいです。

admin
adminhttps://fukugyo.blog/
【どんな些細なことでも相談ください】ネットで稼ぐ方法を知りたい。どの副業が自分に合っているか?。詐欺業者から返金をさせたい。この案件は詐欺では無いか?。被害者の会を作ってほしい 。この情報商材をレビューしてほしい 。などなど、お気軽に連絡ください。【社会正義を目的とした告発を歓迎します。】

Related Articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -spot_img

最新の記事

追記した過去記事

15 year anniversary
サイト運営15周年を迎えました