30.1 C
New York
月曜日, 6月 24, 2024
spot_img

日本フードアナリスト協会は怪しいので退会すべきという評判や口コミ

日本フードアナリスト協会(横井裕之)について今回はみていきます。日本フードアナリスト協会(電話番号:0120650519,0120-650-519)の口コミや評判が気になっていた方はぜひ参考にしてください。

収入を上げるために転職、そして副業、考える方は今更言うまでも無いほどに多いと思います。それらを実行するにはオンリーワンのスキルを持っているか、何らかの他者が持っていない排他的な資格を持つ、というのは当然のことだと思います。しかし、様々な資格があるものの、稼げると言われるものほど有名なものが多く、マニアックだとしても共通して言えることは、その資格を取得するための勉強やハードルが高い。そして、イメージがし辛い、というのもあるのではないでしょうか? 実際に電気工事をしたことのない人に電験のイメージを聞いても、ピンと来ないだろうと思います。

さて、ここまでは前置きになりましたが、今回は特定の企業や個人ではなく、ある資格について警鐘を鳴らさせていただきたいと思った次第です。この資格はとても身近なことに寄り添っているためイメージもしやすく、なんだか世の中に必要とされている、とも思えるからです。その名はフードアナリストです。

なんだかおしゃれというか、かっこいい名前ですね。しかもアナリストと付くので、証券アナリストのように何かを分析しているような、少し賢いようななにかをイメージする方もおられるでしょう。しかも1級は難しいとしても、初心者向けに4級までが存在することもあり、英検と同じくハードルの低さを感じられます。

しかも4級に至っては講習に1日出席するだけで、全員がほぼ合格できるということもあり、4万円から7万円程度の取得費用はかかるものの、お試しとしては今まで自動車免許以外資格が無かったという方も、まずは一つ手に入れることができる、というわけです。
しかし、4級を維持するためには年会費や入会金を求められ、さらに3級を受けるように勧誘がされると言います。実際に民間資格なので広く受講、受験されねば運営そのものができなくなるのですから、必然そのようなことになるのは仕方のないことでしょう。そして何よりもですが、フードアナリストって何? と思いませんか?

調理師、管理栄養士、製菓衛生師、こうした食品関連の資格はいくつか存在しています。しかし、フードアナリストとは? と言われた時、あなたは何を思うでしょう?

もしあなたが料理が大好きで、将来は飲食店を経営したい! と思っているのであれば、調理師免許を取得するのもいいですし、それが無くとも開業そのものは可能であることは、少し調べればわかることだと思います。

では食品メーカーの商品開発? フードアナリストである必要性はあるでしょうか? テレビなどでフードアナリストの食品開発の方、などを見たことはありますか?

そうです、フードアナリストというのは近年できた資格であり、特に無くても困らない資格、なのです。それに、フードアナリストが手掛ける店だから美味しい! 並んででも行きたい! そんな話を聞いたことがありますか? 無いのであれば、それ自体が答えなのです。もちろん「なんの約にも立たない」とは言いません。ただ、あなたにとってそれが必要なものかどうか、よく考えて自己責任でお願いします。

日本フードアナリスト協会の評判

本サイトは、日本フードアナリスト協会(横井裕之)の口コミを募集しています。お気軽に情報をお寄せください。


団体名:一般社団法人日本フードアナリスト協会
住所:東京都千代田区一番町15-8 壱番館5階
電話番号:03-3265-0518,0332650518,0120650519,0120-650-519
理事長:横井裕之
URL:https://foodanalyst.jp/

知識0から月50万円以上狙える副業

検証結果から判明したおすすめの副業を紹介しています。 毎月成果報告のメッセージが届きます。 「副業を始めてよかった」と言ってもらえることが一番嬉しいです。

admin
adminhttps://fukugyo.blog/
【どんな些細なことでも相談ください】ネットで稼ぐ方法を知りたい。どの副業が自分に合っているか?。詐欺業者から返金をさせたい。この案件は詐欺では無いか?。被害者の会を作ってほしい 。この情報商材をレビューしてほしい 。などなど、お気軽に連絡ください。【社会正義を目的とした告発を歓迎します。】

Related Articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -spot_img

最新の記事

追記した過去記事

15 year anniversary
サイト運営15周年を迎えました