18.7 C
New York
水曜日, 6月 12, 2024
spot_img

株式会社キークエスト,青木創士のwebマーケティングスクールの口コミ

株式会社キークエスト,青木創士は『美しくバズる技術』著者であり、Webマーケティング総合スペシャリストです。

株式会社キークエスト(電話番号:03-6821-1133,0368211133),青木創士のXのポストは勉強になることは多いので、Webマーケティングに関することを学びたい人はチェックしてみると良いかもしれません。

発売されている書籍も、ある程度の知識を取り入れることができそうです。

ただ深入りし過ぎると高額塾に勧誘される可能性があります。

Webマーケティングというものは多くの人が塾を運営していますが、一般的にそういう塾に入っても稼ぐのは難しいと思います。

というのも塾に入る人のレベルにはかなりのばらつきがあるからです。

この技術について全くの知識がない人が塾に入ったとしても、そこでこなさなければいけない課題を全く進めることができずに、受講料の無駄ということも十分に考えられます。

青木創士は日本唯一の実践型総合Webマーケティングの教育スクールを経営しているようです。

その特徴としては初心者でも実績を残すための基礎力がつくということや、オンラインで週に6回講師の先生が添削をしてくれるというものがあります。

ただその内容の中で実際に青木創士に会えるというのは年に3回だけということなので、大抵の場合はアルバイトの講師から授業を受けるということになりそうです。

この人は2017年に会社員をしながらブログでアフィリエイト月収が300万円を超えたということで、Webマーケティングの技術は確かなものがありそうです。(本当であればという但し書きがつくのですが)

株式会社キークエストという会社を経営しており、自分でWebマーケティングを教えるよりは講師をうまく動かして、たくさんの生徒を集客することに注力しているように見受けられました。

キークエストのWEBマーケティングスクールは、入会金がかからず受講料は60万円以上というのが口コミで見つかりました。

期間は1年間で他のスクールが3ヶ月から半年程度で終わってしまうのに比べたら、かなり長い期間受講できるというのはメリットかもしれません。

また一定のスキルレベルに達したスクール生徒は、講師が主導するWebメディア構築のプロジェクトに参加し共同で事業を作り上げる経験ができたり、仕事のあっせんを受けたりといった展開があるようです。

学んだスキルをすぐにマネタイズできるというのは大きな価値なので、この点は重視しても良いかもしれません。

ただ一度に60万円以上の料金を払うというのは人生の一大事だと思いますし、この青木創士という人から直接指導を受けられるわけではないので、その点は注意した方が良いと思います。

青木創士,怪しい

株式会社キークエストの青木創士は、南幅一刀や湯川など、情報商材や有料サロン界隈で評判が良くない人物らとツイッター上で頻繁に交流していることが知られています。

青木創士と南幅一刀
青木創士と湯川

本当にまともな起業家であれば、付き合う事自体が憚られ、近づくことすらしない人物達となぜ交流するのか。

青木創士のwebマーケティングスクールには安易に参入せず、慎重に対処したほうが良い印象です。

あおんぼが関わっている人間に近寄らないというだけで多くのリスクから身を守ることができます。

このことはぜひ覚えておいてください。

株式会社キークエストの評判

本サイトは、青木創士の口コミを募集しています。お気軽に情報をお寄せください。


販売業者:株式会社キークエスト
販売責任者:青木創士
所在地:東京都豊島区北大塚1-28-1
電話番号:03-6821-1133,0368211133
メールアドレス:[email protected]
URL:https://corporate.keyquest.work/

知識0から月50万円以上狙える副業

検証結果から判明したおすすめの副業を紹介しています。 毎月成果報告のメッセージが届きます。 「副業を始めてよかった」と言ってもらえることが一番嬉しいです。

admin
adminhttps://fukugyo.blog/
【どんな些細なことでも相談ください】ネットで稼ぐ方法を知りたい。どの副業が自分に合っているか?。詐欺業者から返金をさせたい。この案件は詐欺では無いか?。被害者の会を作ってほしい 。この情報商材をレビューしてほしい 。などなど、お気軽に連絡ください。【社会正義を目的とした告発を歓迎します。】

Related Articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -spot_img

最新の記事

追記した過去記事

15 year anniversary
サイト運営15周年を迎えました