19.3 C
New York
土曜日, 6月 15, 2024
spot_img

KYBALION FX(キバリオンFX)は怪しい

KYBALION FX(キバリオンFX)は怪しいので気を付けましょう。そもそも、もうずいぶん前からFX関連の情報商材は「騙される可能性が高い」と、個人的に苦言を呈しています。

事実、私が取り扱ったFX関連の情報商材のほとんどは「黒」(詐欺)~これは厳然たる事実です。

しかし次から次へとFX関連の情報商材が出回り、多くの一般ユーザーが騙されています。

そして今回も、目を覆いたくなるような詐欺情報商材が世間を賑わせているのです。

それが「EVA SYSTEM FX(キバリオンFX)」です。

まず最初に特定商取法に基づく表示についてですが、現時点では確認のしようがない第三国がかかわっている状態です。

何度も言いますが、何か質問や問題点・クレームができたとしても、電話もメールも住所(しかも海外)もわからないので何もすることができません。

せいぜい、苦虫を踏むだけです。

そんな「EVA SYSTEM FX」は、次のように内容を謳っています。

「EVA SYSTEM FX」は、「リスク最小限で安定したEA・長年の運用実績有・システム利用料無料」を実現したシステムであること。

そして、こう断言しているのです。

「貴方の資産を守るため、長年の実績を元にリスクを最小限に抑えることを第一に考え、着実に資産を増やしていくこのシステム」

「いまなら、無償モニター募集中…」

さらに、本当かどうかはさておき、次の結果報告をしているのです。

「今週は1,831,576円→2,494,225円となり、プラス662,686円で利回りは37%」

もしこれが本当なら、私だって真っ先に飛びつきます。

ではこんな素晴らしい利回りを得るにはどうすればいいのかというと、必ず「EVA SYSTEM FX」の無料モニターに参加する必要があるのです(ここがミソ)。

「1.LINE@に登録→2.口座を開設する→3.EAツールを利用する」

たったこれだけで、「あなたも上昇トレーダーの仲間入りができる」と謳っているのです。

大嘘です…絶対に信用しないでください。

何故なら「EVA SYSTEM FX」の無料モニターに参加した挙句、大変な目に遭った一般ユーザーがたくさんいるからです。

手口は次の通りです。

「無料モニターの会員にならないかと電話→疑ったが無料だから信用して欲しい→ライン登録をさせられキバリオンFXで口座開設(もちろんある程度のお金をに入金しています)
他の業者では確認ができない→キバリオンFXをネット検索→入金したら2度と出金ができない」

つまり巧みにキバリオンFXで口座開設をさせたら、後は知らぬ存ぜぬを突き通すのです。

しかも特定商取法に基づく表示がまったくわからないという現実。

何度も繰り返しますが、FX関連の情報商材は疑うことから始めてください。

そして「EVA SYSTEM FX(キバリオンFX)」というワードが出てきたら、絶対に無視をしてください。

EVA SYSTEM FXの口コミ

当サイトは、EVA SYSTEM FXの口コミを募集しています。お気軽にご連絡ください。

KYBALION FX(キバリオンFX)の口コミ

当サイトは、KYBALION FX(キバリオンFX)の口コミを募集しています。お気軽にご連絡ください。

Company United Private Partners Limited
Director Mr. Christakis Titsinides
Location Corner Hudson and Eyre Street, Blake Building, Suite 302, Belize City, Belize C.A
homepage https://kybalionfx.co/

知識0から月50万円以上狙える副業

検証結果から判明したおすすめの副業を紹介しています。 毎月成果報告のメッセージが届きます。 「副業を始めてよかった」と言ってもらえることが一番嬉しいです。

admin
adminhttps://fukugyo.blog/
【どんな些細なことでも相談ください】ネットで稼ぐ方法を知りたい。どの副業が自分に合っているか?。詐欺業者から返金をさせたい。この案件は詐欺では無いか?。被害者の会を作ってほしい 。この情報商材をレビューしてほしい 。などなど、お気軽に連絡ください。【社会正義を目的とした告発を歓迎します。】

Related Articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -spot_img

最新の記事

追記した過去記事

15 year anniversary
サイト運営15周年を迎えました