21.9 C
New York
木曜日, 6月 13, 2024
spot_img

堤大輔(株式会社カルテットコミュニケーションズ)イマカラの評判

堤大輔(株式会社カルテットコミュニケーションズ)が運営する「実践型Webマーケター育成スクールイマカラ」についてみていこうと思う。イマカラが本当に安全なのか?怪しくないのか?気になっていた方はぜひ参考にしていただければ。

最近、「リスキリング」と言う言葉をちょいちょい耳にする。聞いたことがある人も多いだろう。社会人が再び仕事に関する技術や知識を身につけることだ。政府主導で進められている政策でもあり、特に中年以上の人が積極的に取り組んでいる人が多くみられるようだ。

しかし、ニーズが生まれるところには必ず詐欺まがいなものが生まれる。皆が水を飲みたい砂漠では、水を飲ませてやると言われれば誰だってホイホイとついて行ってしまう。弱みにつけ込まれれば人間は常識的な判断が出来なくなるものだ。

そのリスキリングについて、WEBマーケティングなどを教えてくれる所がある。「イマカラ」と言うスクールだ。運営元は、堤大輔の株式会社カルテットコミュニケーションズ。

売りとしては20時間のカリキュラムで、WEBマーケティングの知識や技術が身につく、と言う点で、短期育成型のスクール。費用は25万円と言うもの。コロナ禍の頃は動画編集やホームページ作成のスクールが実に花盛りだった。金額も結構なもので50万円以上が普通で、費用を合算すると100万円越えなんて所もざらだった。砂漠で水に飢えるように、ロックダウンで仕事が減ったり雇用が減ったりと、生活する上でお金を稼げる仕事が限られていた。こんな状況では確かにでたらめな学校であっても人が殺到する。それを考えると金額はまあ良心的かもしれない。時間も20時間。ダラダラとカリキュラムを引き延ばされて、金を落とすように差し向けられるよりはマシなのかもしれない。

しかし、この堤大輔の「イマカラ」というスクール、一つ不思議な点がある。

それは、SNSなどで評判がほとんど出てこないのだ。これは今までいろんなものを調べてきたがあまりなかったことだ。たいていはボロクソな悪評が出てきたり、ステルスを疑うような歯の浮く感想が出てきたり、と言い意見も悪い意見も散見される。が、株式会社カルテットコミュニケーションズのイマカラに関しては、レビューブログが二、三出てくるだけで、コメント自体が見当たらない。考えられるのは、もしかすると通っている人自体がが少なすぎるのかもしれないことだ。それならば納得はいくが……

ちなみに「イマカラ」自身のSNSアカウントはあるにはあるがフォローもフォロワーもゼロだ。運営している会社の社長のXアカウントはあるにはあるが、フォロワーが2200人程度。https://twitter.com/daisukezan いや、WEBマーケティングの会社さんですよね、ここ。社長自体のアカウントの発信も弱いし、イマカラの発信に関してはゼロである。いや、どうなんだ、これ。まずは自分自身のマーケティング戦略をどこかに頼んだ方がいいんじゃないか、と逆に心配になるレベルだ。

このことだけを捕まえて、株式会社カルテットコミュニケーションズのイマカラの実態が怪しいなどと短絡的なことを言うつもりはない。しかし、最近副業のスクールが少なくなってきたのは、雇用が増え、副業だなんだと騒がなくても多くの人がまともにお金を稼ぐことが出来始めている証左だ。マーケティングを標榜する会社なら、このタイミングこの手のスクールを展開するのってどうかと思うし、広告制作を謳っている割には、自分たちのことが何もできていないように見受けられる。何だか複雑な気持ちにさせられる。

堤大輔の評判

本サイトは、株式会社カルテットコミュニケーションズのイマカラの口コミを募集しています。お気軽に情報をお寄せください。


サービス名:イマカラ
URL:https://imacala.com/
事業者名:株式会社カルテットコミュニケーションズ
代表者名:堤大輔
所在地:愛知県名古屋市中区錦二丁目4番15号ORE錦二丁目ビル11階
電話番号:0120-993-414,0120993414

知識0から月50万円以上狙える副業

検証結果から判明したおすすめの副業を紹介しています。 毎月成果報告のメッセージが届きます。 「副業を始めてよかった」と言ってもらえることが一番嬉しいです。

admin
adminhttps://fukugyo.blog/
【どんな些細なことでも相談ください】ネットで稼ぐ方法を知りたい。どの副業が自分に合っているか?。詐欺業者から返金をさせたい。この案件は詐欺では無いか?。被害者の会を作ってほしい 。この情報商材をレビューしてほしい 。などなど、お気軽に連絡ください。【社会正義を目的とした告発を歓迎します。】

Related Articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -spot_img

最新の記事

追記した過去記事

15 year anniversary
サイト運営15周年を迎えました