28.8 C
New York
金曜日, 7月 19, 2024
spot_img

株式会社Nexil,株式会社クロスキャリア(代表:鈴木将吾)の転職支援の口コミや評判

鈴木将吾(株式会社Nexil,株式会社クロスキャリア)(電話番号:03-4405-5560,0344055560)について今回取り上げてみたい。調べていくうちに疑問を強くする問題点がいくつか浮かんできたので、そちらを紹介していきたいと思う。

華やかな表向きには必ず裏がある。最近よく言われるのは、求人でよく見かける「アットホームであったかい会社」と言って社員を集める会社はブラック企業と言うやつだ。要は甘い言葉でけむに巻くしかないようなブラック企業に限って、和気あいあいとかアットホームと言う言葉を使いたがる。甘い言葉で誘っておいて、入ってみたら地獄の一丁目と言う会社は実際に非常に多い。

厳しい仕事、勤務体系で昔から有名なのがIT企業だ。デスマーチなんて言葉が生まれたのもIT企業だ。IT企業はゲーム会社からシステム設計、ウェブマーケティングなど、職域はかなり広い。そして昔から言われているのは人材の出入りの多すぎる会社であることだ。労働基準法なぞくそくらえ、残業代未払い上等、と言うような社風? みたいなものがある。このような企業風土な会社が非常に多いので、従業員の入れ替わりが激しい。

株式会社クロスキャリア,株式会社Nexil(代表者:鈴木将吾)と言う会社がある。近年、IT関連で成長している企業で、特に自社で開発もやりながらIT企業への転職支援も行っている。「転職者が入社後平均所得が九十万以上収入アップ」みたいなことを吹聴しており、まあ、景気がよさそうだ。しかし、平均年収は公開しておらず、単純に所得が伸びた、と言っているだけで、嫌味な言い方をすれば、年収二百万だったならば二百九十万にしかならず、社員の収入額は前職の所得と対比して決まっているのだろうか?まあ、そんなことは無いだろうとは思うが……

コロナ禍で働くことに関して、パラダイムシフトと言ってもいい、大きな価値観の変化があった。在宅勤務が可能でもあるIT系の仕事は再び脚光を浴びている。ホームページの制作やプログラミングなどが注目され、様々なスクールや学びの情報商材などが出回っている。中には詐欺めいたものも非常に多く、利用するにしても慎重に選択する必要があるわけだが、そんなに簡単にプログラミング言語は習得できないものだ。自身もかつてC言語を学んだことがあるが、非常に難しく、そうやすやすと仕事になるレベルで習得できるとは思えない。

そもそもIT企業はブラックな所が多い。勤務時間や残業手当に対して何だかんだと言って払わない所もある。一般に高給と言う話も聞くが、実際は基本給に最低限の残業手当分が込みになっていたり、額面は高くても、納期に間に合わなかったりすると減額するところもあるようだ。こう言ってはなんだが、企業のコンプライアンス意識がきちんと育っていない業界に人を誘導するのはどうなのだろうか。現実的に入る人以上に、去る人が多い業界なのだ。構造的な慢性人手不足であり、プログラマーやシステムエンジニアは基本的に使い捨てになっているのだ。人手不足の業界は給料を上げて人を集めていくしかない。これは景気のメカニズムと同じで、景気がいい=仕事が多い、なわけなので人では足りなくなる。現在のコンビニバイトですら東京近郊であれば千円以上の時給の所が多いし、外国人の店員も非常に多い。日本人のバイトが来ないのだ。

その人手不足の業界に対して、IT会社が就職のマッチングをする、と言うのは何とも皮肉な話に感じる。そう簡単に、華やかな見てくれに騙されない方がいい。

株式会社Nexil,株式会社クロスキャリアの評判

本サイトは、鈴木将吾の口コミを募集しています。お気軽にお問い合わせください。


名称:株式会社Nexil
代表者:鈴木将吾
本社:東京都渋谷区渋谷1丁目11-3 第一小山ビル3階
URL:https://rakuraku-tenshoku.com/lp/
電話番号:03-4405-5560,0344055560

知識0から月50万円以上狙える副業

検証結果から判明したおすすめの副業を紹介しています。 毎月成果報告のメッセージが届きます。 「副業を始めてよかった」と言ってもらえることが一番嬉しいです。

admin
adminhttps://fukugyo.blog/
【どんな些細なことでも相談ください】ネットで稼ぐ方法を知りたい。どの副業が自分に合っているか?。詐欺業者から返金をさせたい。この案件は詐欺では無いか?。被害者の会を作ってほしい 。この情報商材をレビューしてほしい 。などなど、お気軽に連絡ください。【社会正義を目的とした告発を歓迎します。】

Related Articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -spot_img

最新の記事

追記した過去記事

15 year anniversary
サイト運営15周年を迎えました