22.9 C
New York
月曜日, 6月 17, 2024
spot_img

株式会社シルバーライフのフランチャイズまごころ弁当の評判

株式会社シルバーライフ(清水貴久)のフランチャイズ「まごころ弁当」について今回はレビューをしていきます。まごころ弁当のフランチャイズが儲かるかどうか、失敗はないのかどうかなど、口コミが気になっていた方はぜひ参考にしてください。

投資などでは景気のいい話が飛び交う昨今ですが、大半の人はそんな投資だけで生きているわけではなく、地に足の着いた何らかの本業を持ち、なおかつ副業や独立開業も可能であれば……とリスクヘッジとして考えているのではないでしょうか。

そして、そんな副業・独立開業と言えば、なんといっても花盛りであり花形とも言えるのはフランチャイズであると私は思います。既にブランドが一定レベルで確立されており、ノウハウの教育まで手取り足取りしてもらえる。もちろんお金は相応にかかるものの、ゼロから何かを始めるためには必要な経費と思って割り切る必要は当然のことと言えるでしょう。

そうした魅力は多い反面、フランチャイズビジネスは意外と難しいものが多く、失敗談も多く聞こえてきます。今回私が警鐘を鳴らしたいのは、株式会社シルバーライフという、高齢者向けの宅食を行う会社、そのフランチャイズです。名称は「まごころ弁当」。

本社と2つの工場、そして物流センターを抱えていることから、既にある程度のブランドを確立し、それなりに展開がされているということがうかがわれます。そして何よりも人々の耳目を集めるのは、0円からの開業が可能ということでしょう。最高で357万円が必要とも書かれていますが、そちらよりも皆さんは0円の方に目がいくはずです。それは私ももちろんそうでした。

ただ、それは既に使える設備や運搬用の業務車両を持っている、既に今フリーランスか会社を経営している、などなどの、あらかじめ必要な条件がたくさん整っている場合を言うものであって、本当に何も持っていないゼロからのスタートの方には、やはり自己資金は一定の金額は必要となっています。

また、あくまでも一人で行うなら、という前提もおそらくは入ることでしょう。まごころ弁当のフランチャイズは高齢者向けの宅食ということですから、料理はセントラルキッチンで作られたものを盛り付けるだけだとしても、必ず配送する必要があります。食事の時間に合わせて宅配を行う必要があることから、その時間は集中してしまうはずです。すると、まともな売上を出そうと思えば、必然的に人の手を借りざるを得ないはずです。仮にそうした潤沢な自己資金を持ってバイトやパートなどを雇うとしても、最近は飲食関連は人材の争奪戦が繰り広げられています。あなたのお住まいの地域の最低賃金では、よほどでなければ人財は集まってこないことでしょう。

フランチャイズであっても、あなたは経営者です。そうなれば、仮にお客様が少ない、これは問題ですが、多く獲得できて繁盛した場合、早急にバイトやパートを雇う必要が出てきます。ですが、オープンしてまだ間もないあなたには、それら人財を教育、そして管理はできるでしょうか?かねてからそうした会社に勤め、管理職をしていた、というのであれば、それはもちろん問題ないでしょう。ですが、たいていの方はゼロからのチャレンジではないでしょうか?

株式会社シルバーライフのフランチャイズは詐欺とか怪しいものでは決してないので、あなた自身の頑張りと運では示されている金額以上の儲けを得ることもできると思います。ただ、必ず自己責任であるということは忘れないよう、お願い申し上げます。

株式会社シルバーライフの評判

本サイトは、まごころ弁当のフランチャイズの口コミを募集しています。お気軽に情報をお寄せください。


会社名:株式会社シルバーライフ
本社所在地:東京都新宿区西新宿4-32-4ハイネスロフティ2階
電話:03-6300-5622,0363005622
代表者:清水貴久
URL:https://www.silver-life.co.jp

知識0から月50万円以上狙える副業

検証結果から判明したおすすめの副業を紹介しています。 毎月成果報告のメッセージが届きます。 「副業を始めてよかった」と言ってもらえることが一番嬉しいです。

admin
adminhttps://fukugyo.blog/
【どんな些細なことでも相談ください】ネットで稼ぐ方法を知りたい。どの副業が自分に合っているか?。詐欺業者から返金をさせたい。この案件は詐欺では無いか?。被害者の会を作ってほしい 。この情報商材をレビューしてほしい 。などなど、お気軽に連絡ください。【社会正義を目的とした告発を歓迎します。】

Related Articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -spot_img

最新の記事

追記した過去記事

15 year anniversary
サイト運営15周年を迎えました