28.8 C
New York
金曜日, 7月 19, 2024
spot_img

ホワイトボードアニメーター上野ゆかり(上野由加里,WBAスクール)の口コミや評判

ホワイトボードアニメーターを名乗る上野ゆかり(上野由加里)について今回は述べたいと思います。WBAスクールの講師を務める上野ゆかりの口コミや評判が気になっていた方はぜひ最後までお付き合いください。

皆さんの多くの人は、かつてこうなりたい、こういうことをしたかった、という夢を持っていたと思います。ですが、歳を重ねるごとに色々な生きるための現実的な手段を選択肢、今の仕事をするようになった、あるいは仕事をしていたものの、辞めてしまって困っている――という状況なのだと思います。それはもちろん男女を問わず、です。

そして、中には漫画家やイラストレーターになりたかった、という方もおられるのではないでしょうか。そうではなくても、そうした職業に対し、漠然とした憧れを持っている方も多いと思われます。そんな皆様に今回警鐘を鳴らさせていただきたいのは、WBAスクール、そしてそこの看板を兼ねている講師の上野ゆかり(ホワイトボードアニメーターを自称)う女性についてです。基本的にはこのスクールはこの上野ゆかり女史がカリキュラムを組み、実践をしています。

イラストと言ってもホワイトボードアニメーションと言って、若干説明が難しいのですが、ユーチューブなどではよく見かける、手描きの温かみのある絵と言えばいいでしょうか。なので、実はイラストなどと言っても少々特殊なものとなっています。

上野ゆかり,料金

そういう意味では、現在ある程度絵心がある方であっても、学ぶことがあるといえばあるかも知れませんし、ホワイトボードアニメーター上野ゆかり女史は実際に活躍されているホワイトボードアニメーションの第一人者です。その講義なのですがら、30万円近い受講料金を取ることそのものも、特に不思議でもおかしいことでもないというのは、ここで一応強調しておきます。

あなたがもし、仕事とか副業とか独立とか関係なく、自分がユーチューバーとして生きていくために、あるいは趣味としてホワイトボードアニメーションを学びたい。という場合、この場合はいつもと違って警鐘を鳴らす必要はありません。特に問題は無いので、どうぞお受けください。頑張ってくださいとなります。しかし、先にいいましたように仕事、副業、独立などを考えてこちらを受講するとなると、その意味はガラリと変わってきます。

まず、現在は生成AIが日進月歩の勢いで発展しています。そんな中でイラストレーターを今から目指すというのは、もはや真っ赤に染まり尽くしたレッドオーシャンに自ら飛び込んでいくことと同じです。そこには既にベテランとして仕事を取り合う先達のクリエーターがいる中、ぽっと出のあなたが仕事を取る場所、席などありません。断言できます。ありません。あったとして、それはあなたがよほどの強運の持ち主か、コネか、どちらかです。そうでなければ、法外に安い金額で買い叩かれることになるでしょう。

そして、ホワイトボードアニメーションという特殊なジャンルであればこそ、さらにその門戸は狭くなります。というのも、ユーチューブ以外でこれらの活躍の場はほぼありません。味のあるイラストと言われればそのとおりですが、その味のあるイラストに対する需要は?ということです。

あくまでも趣味として、自分のユーチューブで必要だから、という理由であれば何も言いません。しかし、これを仕事にするという前提であれば、よくよく考えて、自己責任という言葉の意味をくれぐれも噛み締めた上でよろしくお願い致します。

WBAスクール,怪しい

また、上野ゆかりがタッグを組んでいるのは悪名名高いあの「株式会社Live出版」。この事実だけでもうイエローカードと言えるのではないでしょうか。

上野ゆかりの評判

本サイトは、ホワイトボードアニメーター上野ゆかり(上野由加里)の口コミを募集しています。お気軽に情報をお寄せください。

URL:
https://designers-jp.com/wb-animation/

知識0から月50万円以上狙える副業

検証結果から判明したおすすめの副業を紹介しています。 毎月成果報告のメッセージが届きます。 「副業を始めてよかった」と言ってもらえることが一番嬉しいです。

admin
adminhttps://fukugyo.blog/
【どんな些細なことでも相談ください】ネットで稼ぐ方法を知りたい。どの副業が自分に合っているか?。詐欺業者から返金をさせたい。この案件は詐欺では無いか?。被害者の会を作ってほしい 。この情報商材をレビューしてほしい 。などなど、お気軽に連絡ください。【社会正義を目的とした告発を歓迎します。】

Related Articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -spot_img

最新の記事

追記した過去記事

15 year anniversary
サイト運営15周年を迎えました